1: 名無しさん 2019/02/07(木) 07:32:36.88 ID:kVaNZkAh9
Newsweek日本版 2019年2月5日(火)15時30分 松岡由希子
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/post-11648.php

南極大陸西部に位置し、南極海の海域のひとつであるアムンゼン海に流れ込むスウェイツ氷河の下に巨大な空洞が存在することが明らかとなった。

アメリカ航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所(JPL)を中心とする共同研究チームは、2019年1月30日、オープンアクセスジャーナル「サイエンス・アドバンシーズ」において、「1992年から2017年にかけて、スウェイツ氷河の流動速度が加速し、氷が薄くなり、氷河と海との境界線が後退している」との研究論文を発表した。

この観測では、スウェイツ氷河の下で、米ニューヨーク市マンハッタン島の3分の2に相当する大きさの空洞も発見された。その高さはおよそ1000フィート(約305メートル)で、140億トン分の氷を擁しており、そのほとんどは過去3年で溶けたとみられている。

(記事全文はソースをご参照ください)

【地球温暖化】 南極の氷河の下に巨大な空洞が見つかる


続きを読む