1: 名無しさん 2019/02/08(金) 11:30:04.10 ID:P8nPvh459

岐阜県高山市の北アルプス・西穂高岳で6日、登山者から西穂高岳にある山小屋を通じて
「色の付いたものが滑落していくのを見た」と警察に通報がありました。

岐阜県の防災ヘリなどが捜索したところ西穂高岳の小鍋谷で7日、広島市東区の会社員・高尾修さん(59)が遺体で発見されました。

警察によると、高尾さんは5日に単独で入山し、7日までの予定で登山をしていました。
遭難当時、雪は降っていませんでしたが、登山道は凍っており、高尾さんは約500メートル滑落したということです。

https://www2.ctv.co.jp/news/2019/02/08/40380/

【登山】北ア・西穂高岳で単独行の59歳会社員が滑落死。「色の付いたものが滑落していくのを見た」と警察に通報


続きを読む