156: 名無しさん 2019/02/14(木) 08:12:58.09 ID:2GAUxUVj0
【使用する山】残雪期北アルプス、積雪期八ヶ岳等
【登山スタイル】テント泊、雪の少ない地域の日帰り
【足の形】現在mammut teton gtx でずれるほどではないが、全体的に少し緩め(靴下で調整)
【その他】今履いてるtetonのソールが剥がれかけて来てるので買い増しです。(低山・軽装用にtetonは残します。)最近クライミング にも興味が出てきて、将来的にアルパインクライミング 等もしたいのですが、その辺も加味した靴選びです。

テトンGTX メンズ
出典:好日山荘

157: 名無しさん 2019/02/14(木) 09:05:40.48 ID:is0EBdw90
>>156
【使用する山】と【登山スタイル】で一貫性が無いのでなんとアドバイスしたらいいか・・・

まず、残雪期の北アと、冷え込む1~2月の八ヶ岳は切り離して靴選びした方が良いよ
残雪期の北アは砂利道歩きも多くなるので軽めのスリーシーズンが良い(スカルパレベル、ミラージュ、スポルティバトランゴキューブ、Sエボ)
ミラージュはあなたにはちょっとゆるいかもね

1~2月の赤岳等はモンブランプロやネパールEVOといった冬靴が安心(モンブランプロはゆるいかもね)
でも冬靴で残雪北アのアプローチ砂利道を歩けばアウトソールは減るし前コバも傷めるから残雪期に冬靴を使う人は少ない

1~2月の南八ヶ岳も行く、将来的に1~2月の北アでアルパインクライミングする なら冬靴しか選択肢は無い

まぁ1~2月の赤岳でも極端に冷え込む日を確実に回避して、赤岳だけさっと登ってすぐ降りるとかなら冬靴でなくても大丈夫だとは思うけど
その辺の判断は個々に委ねます

関連記事

続きを読む